facebookページへ
「謎深き庭─龍安寺石庭」を巡る「五十五の推理」を紹介していきます。
謎解き庭 龍安寺石庭
先達の奇想天外

52「十五と仏教を結ぶ」説

……十五宗、十五尊観音、他
52「十五と仏教を結ぶ」説

石庭に置かれた十五の石を「仏教にまつわる十五の世界」に見立てる。「十五宗」説、「十五尊観音」説、「十五童子」説、「十五大寺」説がある。

 

一瞬、「あるいは」と思わせるのが、禅宗の「臨済宗十五寺派」説である。十五寺の名前と開山を列挙する。建仁寺(明庵栄西)、東福寺(円爾弁円)、建長寺(蘭渓道隆)、円覚寺(無学祖元)、南禅寺(無関普門)、国泰寺(慈雲妙意)、大徳寺(宗峰妙超)、妙心寺(関山慧玄)、天龍寺(夢窓疎石)、永源寺(寂室元光)、向嶽寺(抜隊得勝)、方広寺(無文元選)、相国寺(春屋妙葩)、仏通寺(愚中周及)、興聖寺(虚応円耳)。

 

一。「臨済宗十五寺派」説は、なぜ「あるいは」と思わせるのか?