facebookページへ
「謎深き庭─龍安寺石庭」を巡る「五十五の推理」を紹介していきます。
謎解き庭 龍安寺石庭
美は白砂にあり

38「無の爆発」説

……禅と宇宙論の共通発想
38「無の爆発」説

現代科学において、宇宙の始まりはビッグバンと呼ばれる大爆発であったとするのと同じように、禅の世界にも、「無がいきなり爆発する(驀然打発)」という考えがある。

 

石庭を一本の線で分割すると、庭は二つに分かれる。二本の線で分割すると、庭は三つに分かれる。分割する線を増やすと、ある段階で無がいきなり爆発し、石庭は不思議な見え方をする。まさしく「無の爆発」である。

 

一。宇宙科学が定義する無と、禅宗でいう無の共通点は何か?

 

答は禅宗の古典『無門関』の第一則「趙州の無字」に記されている。