facebookページへ
「謎深き庭─龍安寺石庭」を巡る「五十五の推理」を紹介していきます。
謎解き庭 龍安寺石庭
石の存在感

29「楽譜」説

……世界的音楽家ジョン・ケージの破天荒
29「楽譜」説

米国の作曲家ジョン・ケージ(一九一二〜九二)は、石庭に並ぶ十五の石が発する音を聴き取って、それを楽譜に変換。「龍安寺」という題名を持つ音楽を作曲した。

 

ケージは作曲家・詩人・思想家・キノコ研究家として、二十世紀の前衛芸術の世界を横断。特に実験的で偶然的で不確定的な音楽は、音楽界に大きな影響を与えた。

 

一。同氏は十五の石が発する音を、一体、どのようにして聴き取ったのか?

 

答は、グーグルで「Cage,Ryoanji」と画像検索して、楽譜「龍安寺」を見ると理解できる。また、音楽「龍安寺」は、ユーチューブで「Ryoanji,Hommage,Cage」と検索すれば視聴できる。演奏時間は各種あるが、聞きやすいのは二分四十秒の作品。