facebookページへ
「謎深き庭─龍安寺石庭」を巡る「五十五の推理」を紹介していきます。
謎解き庭 龍安寺石庭
「あの手この手」の構図探し

26「山水画の平遠法」説

……近山から遠山を見る技法
26「山水画の平遠法」説

石庭の石組は「近山から遠山を俯瞰する、山水画の平遠法により配置された」とする。山水画には六遠、すなわち高遠、深遠、平遠、闊遠、迷遠、幽遠という、六種類の技法がある。南九州大学の関西剛康教授が二〇〇六年に提唱した。

 

一。石庭の作者が平遠法の参考にした山水画は何か?