facebookページへ
「謎深き庭─龍安寺石庭」を巡る「五十五の推理」を紹介していきます。
謎解き庭 龍安寺石庭
「秘密の構図」を発見する

02「石隠し」説

……「陰の主役」は十五番石
02「石隠し」説

石庭には十五の石が配置されている。これを、方丈の縁側から眺めると、何個かの石は必ず手前の石に隠れてしまうため、「石隠しの庭」と呼ばれている。

 

なかでも終始一貫して見えにくいのが、西端に位置する十五番石である。石庭の「陰の主役」というべきこの石は、多くの説を生み出すきっかけになった。

 

一。そもそも、なぜ石を隠さなければならないのか?

 

二。見えない石の数については諸説があるが、なぜ意見が分かれるのか?

 

三。見えない石があるのは偶然? それとも作者の意図?