facebookページへ
「謎深き庭─龍安寺石庭」を巡る「五十五の推理」を紹介していきます。
謎解き庭 龍安寺石庭
「日本的発想」と「西洋的テツガク」

17「静と動の秩序」説

……研究者ロレーヌ・カックの明察
17「静と動の秩序」説

研究者のロレーヌ・カック(Loraine Kuck)は、昭和初期(一九三〇年代)に日本に滞在。『京都百名園』や『日本庭園の芸術』などの著書(英語)を残した。

 

彼女はまた石庭の石組をテツガク。「二つの非対称がもたらす対称性により、静的な秩序が生まれている。非統一がもたらす統一性によって、動的な秩序が生まれている」とした。

 

一。二つの非対称がもたらす対称性とは何か?

 

二。非統一がもたらす統一性とは何か?